2017年12月15日金曜日

上善明寺「「大晦日 除夜の鐘 ・ 修正会(初詣) ご案内 」ご案内 / 12月31日・1月1日

 

◆開催日時  
大晦日 除夜の鐘 
 2017年12月31日 午後11時30分~

 *「年越しそば」を用意し、皆さまのご参詣をお待ちしております。

修正会(初詣)
 2018年1月1日(元日) 午前0時30分~

寺宝「三光石」特別公開


上善明寺 洪鐘(梵鐘)
大晦日(12月31日)の夜から新しい年を迎える元旦(1月1日)にかけ108回撞かれる「除夜の鐘」。
上善明寺 洪鐘(梵鐘)は寛永十一年(1634年)に多芸郡直江郷金屋鋳物師により鋳造されました。
多芸郡直江郷金屋は戦国時代活躍した鋳物師の村でしたが、関ヶ原の役後、多芸郡直江郷金屋から大野町野村に移住し、鋳造された鐘が残されています。
上善明寺洪鐘は乳頭の配列は五段四列に配置され、他に見る事のない貴重な洪鐘であります。
また、日中戦争から太平洋戦争にかけ、多くの寺院の洪鐘は、金属類回収令により仏具供出されましたが、古く歴史ある洪鐘である為、仏具供出を免れ現在揖斐川町の重要文化財に指定されています。

現在残る、多芸郡直江郷金屋 鋳物師による洪鐘
•元和三年 (1617年)大野町公郷  仏照寺
•寛永十一年(1634年)揖斐川町房島 房島御坊 上善明寺
•寛永十八年(1641年)揖斐川町谷汲 両界山横蔵寺
•慶安三年 (1650年)揖斐川町谷汲 谷汲山華厳寺

大晦日の夜(12月31日 23時30分~)、ご参詣の皆さまとともに108の除夜の鐘を撞ち、新年をお迎えします。
また、茶所にて同朋会の方々とともに「年越しそば」を用意し、皆さまのご参詣をお待ちしております。

2017年11月10日金曜日

藤代聡麿先生のことば 2

 
人生は
やりなおす
ことはできない
しかし
見なおすことは
できます
                      藤代聡麿

 

2017年10月15日日曜日

上善明寺「報恩講」ご案内 / 11月2日(木)・3日(金 祝日)・4日(土)


宗祖親鸞聖人は
 
過去の人ではなく
  
これから一人ひとりが
 
出遇っていく
 
未来の人なのです
 
                    宮城顗
 

◆開催日

         2017年11月2日(木) ・ 3日(金)【文化の日】 ・ 4日(土)
 

 ◆ご法話

         2日(木)       勅使英照氏 正休寺(海津市平田町)住職

         3日(金)【祝日】   飯山 等氏 西向寺(揖斐川町西津汲)住職
                            京都大谷中学高等学校 学校長
 
         4日(土)      梛野明仁氏 本澄寺(愛知県西尾市)住職 
                             スーパー絵解き座 座長

 

2017年10月5日木曜日

ことば


よのなかは
「こども」
「もと こども」
できている
      富安陽子  
 
 
子どもは
「間違い」を繰り返しながら、
ゆったりと育っていく
ことが大切
      大日向雅美

2017年9月12日火曜日

上善明寺「秋季彼岸永代経」ご案内 /9月22・23日

撮影:廣瀬弥樹

上善明寺「秋季彼岸永代経」

お彼岸は春・秋(中日・春は春分の日、秋は秋分の日)二度の大切な仏教行事であります。
 
春のお彼岸は、草木の新しいいのち芽吹く季節であります「自然をたたえ生物を慈しむ日」。
また、秋のお彼岸には多くの草木が紅葉し葉を落とす様に「先祖を敬い、亡くなった方を偲ぶ日」として大切にお勤めされてきました。生から死・死から生へと移り変る自然の「いのち」の営みから、私と照らし見つめ直す大切なお参りであります。皆様の御参詣をお待ちしております。


 ◆ 開催日時  2017年9月22日(金)・23日(土 秋分の日) 午後1時30分~

 ◆ ご法話    

     22日 稲岡智賢氏  真宗大谷派 了圓寺(神戸町落合)住職、愛知県同朋大学非常勤講師

     23日 譲 西賢氏  真宗大谷派 慶圓寺(神戸町落合)住職、岐阜聖徳学園大学 教育学部教授

2017年9月1日金曜日

「素朴な琴」  八木重吉

 
この明るさのなかへ
 
 ひとつの素朴な琴をおけば

 
秋の美くしさに耐えかねて

 
琴はしずかに鳴りいだすだろう

 
                               詩人・八木重吉

2017年8月8日火曜日

上善明寺「孟蘭盆会・夏の御文拝読」ご案内 / 8月15・16日


 

「孟蘭盆会」 須彌壇納骨法要
 ◆ 開催日時  2017年8月15(火) 午後1時30分より


一般には、「お盆」と言われ(正しくは梵語の「ウランバーナ」を音写したもので「逆さに吊されたような苦しみ」を除くという意味)ご先祖をはじめ亡き方々を偲ぶ大切な仏教行事の一つであります。
「盂蘭盆」の起源は古く、お釈迦さま在世の時代までさかのぼります。『仏説盂蘭盆経』の中には、お釈迦さま十大弟子の一人「神通第一」といわれた目連尊者の亡き母が餓鬼道におち苦しみから救う為、多くの人々に食べ物・飲み物をはじめ百味のいろいろなものを供え施し、こころから供養し、その功徳により亡き母をはじめご先祖が苦しみから救われ、今生きている我々も幸せで浄らかな豊かなこころが養われたことが説かれています。(お盆には多くのお供えをするのはその名残なのでしょう)
先祖を尊ぶこころは自分自身を大切にするこころと通じます。
是非、ご家族皆様にてのお参りをお待ちしております。




「夏の御文拝読」
 ◆ 開催日時   2017年8月16(水) 午後1時30分より

 ◆ ご法話    誉田和人 氏 (大垣教務所所長)


夏の御文(げのおふみ)は真宗中興の祖 蓮如上人(1415-1499)が亡くなられる前年(明応七年 1498年)に書き遺された五帖の御文とは別の4通の特別な『御文』であります。信心の大切さを伝える「夏の御文」を拝読いたします。
皆さまのお参りをお待ちしております